目的別の相続対策なら東京相続ドットコムにおまかせください。遺言書作成から土地活用、税金対策まで専門家ネットワークを活用しサポートします。

0120-917-150|9:30~20:00 年中無休(但し年末年始を除く)
東京相続ドットコムお問い合わせはこちら

財産目録作成支援

財産目録作成とは?

財産目録とは、被相続人が所有していた土地や建物などの不動産の評価額や、預貯金の額や、株式や債券などの有価証券の額のほか、自動車や絵画・宝飾品などの動産の評価額などを記載していきます。そういった「プラスの財産」だけでなく、借金や税金、未払の医療費などの「マイナスの財産」もきちんと調べて、記載をしておく必要があります。

また、「いざという時のために」あるいは、「現状の財産把握のために」「遺言書作成の資料の為に」生前の財産目録を作っておくケースもあります。

サービスの内容

不動産、株式や債券などの有価証券などの「プラス財産を整理」、借金や税金、未払い医療費などの「マイナスの財産」を財産目録として一覧にまとめて有料(通常70,000円程度)にてご提供します。
遺言書作成のために生前に作成する場合や、相続発生後に遺産分割協議および各種手続きを行うために作成する必要があります。

預貯金・有価証券の調査方法

預貯金の調査は、基本的に被相続人の預金通帳で行います。預金通帳が見つかったら、被相続人が利用していた金融機関の支店に「預金残高証明書」を発行してもらいます。

株式や債券などの有価証券所有していた場合は、それを扱っている金融機関や証券会社などに「評価証明書」の発行を依頼します。

借金の調査方法

クレジット情報などを管理している「個人情報信用機関(JICCやCIC等)に対して、被相続人の情報開示を求めることも可能です。

財産調査をした結果、マイナスの財産が多かった場合は、「相続放棄」の手続きをするほうが良い場合があります。

財産目録作成のメリット

生前に作成する場合
財産目録を作成することにより現状の財産状況を整理し把握することができるようになるため、「遺言書の作成」や「各種相続対策の検討」を実施していく上で有効な資料となります。

また、万一の時にも遺族が遺産概要を把握するのに非常に便利でスムーズな相続手続きが期待できます。

相続発生後に作成する場合
財産目録は、遺産分割協議の前提となる資料ですから、記載漏れや誤りがあると思わぬトラブルになりかねません。

財産目録作成の流れ

STEP1相続
STEP2聞き取りおよび資料提示
STEP3専門家の選任
STEP4財産目録作成

相続に関するお問い合わせはお気軽に0120-917-150

ページトップへ