目的別の相続対策なら東京相続ドットコムにおまかせください。遺言書作成から土地活用、税金対策まで専門家ネットワークを活用しサポートします。

0120-917-150|9:30~20:00 年中無休(但し年末年始を除く)
東京相続ドットコムお問い合わせはこちら

新着情報詳細

2016/11/25 【コラム】親の介護でトラブル?

相続で揉める原因の一つが、「親の介護」ではないでしょうか。

「私が一番親に尽くしたのに、なぜ兄弟たちの相続は平等なの?」
こんな事例も多いかと思います。

親が亡くなって、話し合いを始めるも、親の面倒を見た自分のことを優遇してくれないという話です。

どうにも話合いで解決できない場合は「裁判」という方法にもなりかねません。
しかし裁判となると、多大な労力がかかるのも事実です。

相続には「寄与分」というものがあります。
寄与分とは被相続人の生前に、その財産の維持や増加に影響するような貢献をした
相続人がいる場合、他の相続人との間の不公平を是正するために設けられた制度です。

寄与分が認められる場合とは、例えば被相続人の営んでいた事業を手伝っていた、
看病に精を出した、被相続人の生活に補助金を与えていた、というような場合です。

しかし、寄与分は抽象的な規定があるだけで、明確な物差しがないため、
トラブルになりやすいんですね。

このようなトラブルを回避するには、

①親に遺言書を書いてもらう
②相続人みんなで話し合う

このような基本的な方法がとても重要になります。

親の介護は相続財産の大小に関わらず、多くの方が抱えているリスクです。

今からきちんと将来のトラブルに繋がらないよう、準備・対策を行っていく事が大切です。

相続ドットコムでは上記のような相談も承っています。お気軽にご相談ください。



相続に関するお問い合わせはお気軽に
ページトップへ